中古楽器は効果買取が期待できるアイテム - 高い買い物になる楽器。反面、高いからこそ、売るときも高く売ることができる。これが楽器の良い所でもありますが…しっかりと相場などを把握して売るようにすることが重要です。

楽器を売りたい場合は…下取りか?買取か?

楽器の下取りとは?

車を売却するとき、買取業者に依頼するパターンと、ディーラーや中古車販売店に下取りをしてもらうパターンに、大きく分けることができます。
楽器にも、当然、同様のサービスがあり、どちらにするか?を悩むところですよね。
そのお話をする前に、そもそも楽器の下取りとは何か?について触れていきたいと思います。

楽器の下取りとは、車の下取りと同じイメージをして貰えれば結構です。

ギターを中古楽器買取店に依頼するときの便利サービスとは?

売却したお金を、新たな楽器の購入資金に充てるというサービス。
値引き額が大きくなるため、楽器をリーズナブルに買い換えることができる大きなメリットを持っています。

しかし…「高く売りたい」という話であれば、少々、下取りでは物足りなさを感じてしまいます。
中には「下取りは損をするだけだから絶対にやってはいけない」という論調をする人もいらっしゃるぐらいです。
その真意を次から順を追って説明をしていきたいと思います。

高く売りたいのであれば買取がオススメ

「下取りは損するから絶対にやってはいけない」という論調は、売却額に起因します。
平たく言えば、下取りの査定額よりも、売却する査定額の方が高いからです。

中古楽器は効果買取が期待できるアイテム

つまり、買取店にお任せをした方が、高く売ることができるというわけですね。
1円でも高く売りたいのが、楽器の持ち主の心情。
であれば、やはり買取店にお任せをした方がよいとは言えますが…。

何だか苦虫を噛み潰したような文末になってしまいました。
額の面だけをみれば、確かに買取店にお任せをした方がよいですが、損か得か?という話になれば、少々、反論をしたいところです。
つまり下取りも場合によっては損ではないということですね。
それを次より記載をしていきたいと思います。

下取りには下取りのよさがあることも忘れずに

誰もが楽器を少しでも高く売りたいと考えるものです。
したがって、買取をしてもらうのが良いと、先ほど記載をさせてもらいました。
しかし、忘れてはならないのが、下取りも素晴らしいサービスだということです。
売却金額だけを見れば、買取には及ばないことは事実ですが、その分、下取りは「ラクさがある」という大きなメリットを持っています。

愛用ギターを高価買取してもらうためのお店選びとは?

例えば、ピアノ買取とピアノ下取り。

楽器売却は査定時以外は気楽に行えるもの

この場合、下取りをしてくれる業者は、0から10までを全てやってくれるため、おまかせ状態にしておけば、何ら問題はありません。
オートマチックに事が進み、気がついたら、新しいピアノが搬入されていたということになります。

ピアノ買取の場合はというと…このようにオートマチックに事は進んでいきません。
平たく言えば、二度手間になるということが挙げられます。
ピアノを売る業者と段取りを組み、ピアノを買う業者と段取りを組み…という状況です。
ピアノという大きな楽器だからこそ、起こる面倒さ。

ともあれ、面倒さが全く無い下取りとピアノ売却額は高い買取…どちらに重きを置くのか?を天秤に掛けて選んでいくとよいでしょう。
つまり、ラクに売りたいのか?1円でも高く売りたいのか?ということですね。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。